ハーレーダビッドソン 2011FLHX EFI コンピューター チューニング

静岡県牧之原市のバイク屋『だあ工房 WILD CLOVER』の小野川です。

今回のEFIチューニングは燃費気にしない!兎にも角にもパワー重視!!!

 ハーレーにおける理想の空燃比12.8~13.2に設定しました(^_-)-☆縦軸エンジン回転数。横軸スロットル開度です。ワクワクしますね(#^^#)

エキゾーストを加工してワイドバンドO2センサーを取り付けます。

拡大の図。

さて準備万端とデーター取りに走り始めると・・・。
エンジンに負荷を掛けたときに…クラッチが滑ってる( ;∀;)
工場に戻ってクラッチの遊び調整して再度データー取りに繰り出して…。
やっぱり滑ってる((+_+))

で、クラッチ版の交換となりました。

左が純正。右が今回チョイスしたENERGY ONEのクラッチプレート!定価22,880円

商品説明
「ENERGY ONE PERFORMANCE CLUTCHES」は自動車やモーターサイクルのクラッチを30年以上に渡り製造してきました。
CNCマシンをはじめ最新の設備を備えた工場と熟練した職人の手によって、100%アメリカにて製造を行っております。
製品に使用されるマテリアルは最良のものを使用しており、コアには最大限の耐久性を引き出すためにT6アルミニウムまたは高硬度鋼、フリクション材にはレースにて実績のあるケブラーを使用しております。
また、フリクションプレートのグルーブパターンは放熱性、流体循環性能を最大限に発揮するよう設計されております。さらに、高硬度鋼を使用したスチールプレートはウェイトバランスが良く、振動を軽減し最大限のパフォーマンスを発揮します。(引用)

 クラッチプレートを交換して、遊びの調整、ワイヤーの調整をして…。

実走行してデータ採取します(*^^)v

F・RシリンダーそれぞれのVEマップを作製して、純正EFIに書き込めば完了です!
アイドリング値、点火タイミングを調整することで疑似三拍子も可能ですが、エンジンにとって良い事が一つも無いので、アイドリングのみ、発電量に影響が無い値まで落とします(^_-)-☆

装着されているエアクリーナー、エキゾーストマフラーに適合するマップとなりました!
このエンジンが発揮できるパワーが最大限に近くなったモンスターハーレーになりました(^^♪

ホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です