Harley Davidson(ハーレーダビッドソン)に軽量クラッチ取付

牧之原市のバイク屋『だあ工房 WILD CLOVER』の小野川です。

またまた軽量クラッチの取付でございます。菊川市O様の奥様のハーレーです。普段クラッチが重いと嘆いているようで、軽量クラッチを取り付ける運びとないました。思いやりのある旦那様でございます。

IMG_4448

やはりハーレー乗りの中にはクラッチが重いと感じているオーナー様は多いですね(=_=)今回は2009年XL883RにVPクラッチを取り付けました。品番はTPP017 VP SPORTSTER。

IMG_4449

IMG_4450 IMG_4451

まずはプライマリーオイルを抜いて、クラッチワイヤー外して、プライマリーカバーを外して…コンプレッションツールを使ってスプリングを外します。

IMG_4452

VPクラッチを取り付けるのですが、スナップリングをハメるのが至難です!でも今回はたまたま遊びに寄っていただいたお客様がスナップリングが外れないようにサポートしてくださいました!

IMG_4288

最後の作業は…VPクラッチと干渉するフィンを削ります!(写真を撮り忘れたので前回のを流用(*_*;)

自分の手が三本欲しいと思った一日でした(笑)千手観音って全ての手を思い通りに動かせるのかな???

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です