ハンドルぐらつき((+_+))

牧之原市のバイク屋『だあ工房 WILD CLOVER』の小野川です。

牧之原市M様のハーレー(Harley-Davidson)1995年FLSTCヘリテイジクラシックです。走行中にハンドルが前後?上下?に動くという事で入庫いただきました。

IMG_3721

締付の確認をしてみると…一ヶ所ネジ山がナメておりました。これではぐらぐらになる訳です!ぐらつくからといって増し締めし過ぎるとナメちゃいますね!ライザーはアルミなので強度は弱いですから((+_+))

IMG_3771

ライザーの受けをインチアップでタップをたて、カバーは一回り大きく貫通キリしました。キャップスクリューは勿論それに合わせてインチアップです。大きくなったボルトでの締付は今まで以上に強固に締付できますね(*^^)v

ハンドルがぐらつく対応として、ハンドルのクランプ部をタガネでバリを起こす方法や、溶棒で肉盛りする方法などがありますが、ネジ山をナメた時にはこの方法ですね(^_^)勿論新品に交換する方法もございますが!(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です